代表的な症状を知る

自分は乾燥肌だという自覚はあっても特に対策はとっていないという人もいると思います。脂っぽくてテカリがあるよりも、乾燥しているくらいがいいだろうと思っている人もいるでしょうし、普段化粧水を使用しない人が化粧水などを使用して保湿すると、ベタついているような感覚がして嫌だという人もいるでしょう。

しかし、乾燥肌を甘く見ていると症状が悪化して、湿疹が出てきたり、シミやシワの原因となったりすることもあるので、日頃から保湿などのケアが必要ですし、症状が出てきたらしっかりと対処する必要があるでしょう。

乾燥肌の代表的な症状としてまず挙げることができるのが、かゆみでしょう。皮膚が乾燥することによって、肌のバリアの役割を果たしている皮脂膜が薄くなり、外部からの刺激を受けやすくなってしまうのですが、かゆみを感じる知覚神経も刺激を受けやすくなってしまうことでかゆくなりやすくなるのです。

そのかゆみに耐え切れずに掻いてしまうと、バリア機能がさらに低下して、さらにかゆくなってしまうという悪循環になってしまいます。それを繰り返していると炎症や化膿、肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまうことになります。

また、ニキビも体表的な症状です。ニキビは余分な皮脂が毛穴に詰まることが原因となるので、乾燥とは一見関係ないように思えるかもしれませんが、肌の乾燥が原因となって、皮脂が過剰に分泌されることになるので、乾燥はニキビの原因となるのです。