なぜ痒くなるのか

乾燥肌の症状で辛いものの一つに痒みがあります。冬場など乾燥する時期になると痒くてたまらなくなって悩んでいるという人もたくさんいると思います。乾燥肌は痒くなるということは知っているけどもそもそもなぜ乾燥肌にあると痒くなってしまうのだろうかと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

なぜ乾燥肌だと痒くなるのかというと、肌のバリア機能が低下してしまっているために外部からの刺激物質を守ることが出来なくなってしまっているからです。人の肌は皮脂と水分が混ざって出来たものが皮膚の表面でバリア機能の役割を果たしていて、外部からの刺激などから肌を守っているのですが、乾燥肌の人の肌はそのバリア機能が低下してしまっているのです。そこで、外部から刺激物質からのダメージを受けると肌の内部にまでダメージを受けてしまい、痒みが出てしまうのです。肌の内部がダメージを受けて痒みを伴っている状態の肌を痒いからと掻いてしまい、刺激を与えることでさらにダメージを受けてかゆみが強くなってしまうという悪循環になってしまうのです。そこで、しっかりと保湿をして肌を保護する必要があるのです。また、痒みが出てしまったときも掻かないように注意して、保湿をしたりすることが大切です。また、タオルを冷やして患部にそっとあてることで痒みが軽減されることもあるので試してみるとよいでしょう。また、かゆみが我慢できない場合は、掻いてしまう前に皮膚科にいって薬を処方してもらうようにして症状を悪化させないようにすることをおすすめします。