乾燥肌に使用する薬について

乾燥肌を何とかしたいという場合、多くの人はまずはセルフケアで様子をみるという選択をすると思います。しかし、症状が悪化してしまったり、全然改善されないという場合は皮膚科にいくことを検討してみるべきでしょう。かゆみくらいならわざわざ皮膚科にいくこともないだろうと我慢している人もいるかもしれませんが、放っておくとかゆみがひどくなって眠れなくなったり、掻きむしってしまって跡が残ってしまうことになるので、症状が軽いうちに皮膚科にいくべきでしょう。皮膚科にいくと、症状にあった薬を処方されることになります。専門家が用意してくれた薬であれば安心感がありますし、専門家がその人に合った薬を処方してくれるので、高い効果が期待できるでしょう。

皮膚科で使用される薬はいろいろあります。例えば強いかゆみを抑えたいという場合、抗ヒスタミン剤や、白ワセリンや軟膏などの保湿外用剤が処方されるでしょう。また顔や首に炎症があるという場合は、非ステロイド外用剤が処方されるでしょう。また湿疹や炎症がひどい場合など症状によっては、ステロイド剤が処方されることもあります。ステロイド剤は副作用もあるため、躊躇する人もいるかもしれませんが、きちんと医師の指示のアドバイスを守って使用する分には安全ですし、ステロイド剤で早く症状を改善させて、悪化させないようにすることも必要なケースもあるでしょう。よって、処方された場合はしっかりとアドバイス通りに使用していきましょう。