紫外線対策で症状を緩和する

乾燥肌の対策のひとつとして紫外線対策は欠かすことができません。紫外線を浴びすぎると肌の表面のバリア機能を破壊してしまい、肌の内側にもダメージを与えてしまいます。水分保持する機能も低下してしまい、乾燥肌となってしまいます。特に女性は美白対策として紫外線対策を行っている人も多いと思いますが、乾燥肌の人もしっかりと紫外線対策を行なっていきましょう。

紫外線対策としても最も良いのは紫外線を浴びないことです。よって、日差しの強い日や時間帯はなるべく外出を避けたいところですが、なかなかそうはいきませんよね。そこで、多くの人が日焼け止を塗って外出していると思います。乾燥肌の人も日焼け止めを塗っている人も多いと思いますが、低刺激のクリームを意識して選んでいきましょう。日焼け止めの効果が高いものを選んでいきたいと思うでしょうが、日焼け止めの効果が高いものは刺激も強く肌への負担が大きいので注意しましょう。このように日焼け止めは紫外線対策には非常に効果の高いものですが、肌へ負担がかかってしまうものなので、日焼け止めを使用して帰宅したら、その日のうちに必ず落とすようにしましょう。また日焼け止めを使用したあとは、肌が乾燥しやすくなっているので、しっかりと保湿を行いましょう。

このように日焼け止めで紫外線対策を行うほかにも、帽子やサングラス、UVカット加工の服など、いろいろと紫外線対策できるものはあるので、しっかりと対策して肌を守っていきましょう。