入浴の際に注意するポイントとは

お風呂に入るのが大好きだという人はたくさんいると思います。身体をキレイにするのはもちろんですが、一日の疲れを癒したり、リラックス効果もあるので毎日楽しみにしている人もたくさんいるでしょう。しかし、乾燥肌の人は肌になるべく刺激を受けないような入浴方法を意識していくことが大切です。風呂は毎日入る人が多いと思いますし、乾燥肌に気を配って入浴するのとそうでないのとでは大きな差が出てくるので、ぜひ意識して入浴して欲しいと思います。

まず、使用する石鹸やボディーソープも低刺激のものを使用するようにしましょう。良い香りのするものや着色料の入ったものは見た目や香りが良いので選んでしまいがちですが、刺激が強いものが多いので、注意が必要です。また入浴剤を使用するのであれば、保湿効果のあるものを使用するようにしましょう。

また、シャワーや湯船の温度は熱いお湯を使用しないようにしましょう。熱い湯船に入ってサッパリしたいという人も多いと思いますが、熱いお湯を使用すると、肌に必要な皮脂まで落としてしまいますし、刺激も強いので、ぬるま湯を使用することがおすすめになります。また、湯船に長時間入るのも肌に必要な皮脂を落としてしまうので。なるべく短い時間に留めておくべきです。湯船にゆっくり浸かって痛いという人も多いと思いますが、もし少し長い時間湯船に浸かってたいというのであれば、お湯の温度を低めにして入るようにして、風呂上りにすぐにしっかりと保湿するようにしましょう。