紫外線が与えるダメージについて

紫外線が肌に様々な悪影響を与えることは多くの人がご存知だと思います。顔の肌の老化の何と8割が紫外線の影響とも言われています。特に女性は美肌対策として紫外線対策をしっかりと行っている人もたくさんいると思います。

紫外線を浴びると様々な悪影響を与えますが、乾燥肌の原因にもなることをご存知でしょうか。人の肌は表面で皮脂や角質層がバリア機能を果たしていて外部からの刺激から守るようになっているので、紫外線を受けてもそこで防ぐことが出来るのですが、たくさん紫外線を受けていると、段々とダメージを受けてそのバリア機能が低下していってしまうのです。そうなると紫外線のダメージを防ぎきれなくなって肌の内部へと侵入されダメージを受け始めます。そうなると、水分保持の役割をはたしている角質層もダメージを受けてしまって水分保持が出来なくなってしまいます。さらに紫外線は肌の奥までダメージを与え、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンまで破壊してしまいます。このように紫外線をたくさん浴びてしまうと、水分保持がじゅうぶんに出来なくなってしまい、乾燥肌の原因となるのです。

紫外線は夏場の暑い時期だけではありません。乾燥肌が最も辛い寒い時期でも紫外線は降り注いでいます。寒い時期は紫外線対策がおろそかになりがちですが、紫外線によって肌を乾燥させないためにも、一年を通してしっかりと紫外線対策を行なっていくことが大切だということを頭にいれておいてほしいと思います。